高齢者の半数以上は便秘

女性は便秘、男性は下痢というイメージがありますが、
男性も高齢になると便秘になりことが多くなっています。

高齢者の半数以上は、便秘と言われています。

高齢者が便秘になる理由は以下の理由からです。
・筋力が低下することによる
 年齢と共に腹筋が低下してきて押し出す力で弱いため便秘となります。
・食が細くなる
 年齢と共に食べる量が減ってきてその結果、腸内の排泄物の量が減り便秘となる。


高齢者

高齢者の便秘対策は

多くの高齢者は便秘となっており、その便秘対策として便秘薬が
処方されています。
便秘薬には副作用があり、体力の低下している高齢者にはあまり
よくはありません。

高齢者によく使用されている便秘薬にラキソベロンがあります。
ラキソベロンは、安全性の高い便秘薬として定評があり、
妊婦や幼児になど幅広く使用されています。

しかしながら、このラキソベロンは大腸を刺激して排便を促す
もので副作用として腹痛が起こる場合があります。
継続して使用することで大腸の機能をさらに低下させます。

便秘によい食べ物

便秘薬は、一時的に排便を促すもので根本的には解決になりません。

筋力が弱った高齢者には便秘によい食べ物を食べることで便秘を
解消することをお勧めします。

便秘によい食べ物というと食物繊維を多く含んだ食べ物です。
海藻類・大豆製品などをバランスよく食べることで腸内の善玉菌を
増加させ便秘を解消する働きをします。
1日20gが目標値です。

食物繊維を多く含む食べ物を食べる以外にオリゴ糖を摂取する方法
があります。
オリゴ糖も腸内で善玉菌を活性化させ便秘を解消します。善玉菌の
1つである乳酸菌を含んだヨーグルトを同時食べることで効果は倍
増します。